ジョン マリン(英語表記)John Marin

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン マリン
John Marin


1870.12.23 - 1953.10.1
米国の画家。
ニュージャージー州ラザフォード生まれ。
建築家として活躍した後、ペンシルベニア美術学校でアンシュッツに絵を学び、1905年パリでセザンヌ等の感化を受ける。’09年スティーグリッツの画廊「291」で初個展。スティーグリッツ・グループの中心的存在となる。’14年からメーン州の海、山の美しさに惹かれ、四隅を白いままで残した画面に都市、海、山などを律動感溢れる運筆によってキュビスムを加味した抽象的表現で描く。アメリカ最大の水彩画家で、代表作に「ローワー・マンハッタン」(’22年)、「メイン・アイランズ」(’22年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョン マリン

生年月日:1870年12月23日
アメリカの画家
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android