メーン州(読み)メーン(英語表記)Maine

デジタル大辞泉 「メーン州」の意味・読み・例文・類語

メーン(Maine)

米国北東端部の州。州都オーガスタ大西洋に面し、海岸は島の多い観光地。北・西部の山地はメーン森林とよばれる原生林で、林業が盛ん。ロブスター・ブルーベリーなどを産する。メイン。→アメリカ合衆国補説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「メーン州」の意味・わかりやすい解説

メーン〔州〕
メーン
Maine

アメリカ合衆国北東部,ニューイングランド地方にある州。カナダと国境を接する。州都はオーガスタ。ニューイングランド6州のうち最大の州で,州全域にゆるやかな起伏台地が広がり,約 2500の湖沼をもつ。山地の最高峰はカタディン山 (1606m) 。年平均気温-7~17℃,降水量は 1000mm。年間晴天日数 219日。総面積の約 80%がマツトウヒモミ針葉樹林である。 16~17世紀にポルトガル,スペイン,フランス,イギリス人たちによって探検され,夏の漁業毛皮の取引が行われた。 1615年頃から,この領土をめぐってイギリスとフランス,インディアンとの戦いが続けられた。その後この地はイギリス領となった。独立後はマサチューセッツ州の一部であったが,1820年 23番目の州として認められた。初め森林と水力を利用した工業が興り,やがて織物・製靴工業が興った。しかし産業革命後,これらの工業は南部に中心が移ったため,1955年から経済発展計画が進められ,パルプ・製紙工業,ジャガイモ栽培と養鶏,エビ漁,観光業などがある。近年は運輸機械,電子機器などの機械工業も発展。最大都市は海岸のポートランド郊外を合せて約 11万人,州都のオーガスタは人口約2万 2000。人口密度がミシシッピ川以東地域で最も少い州である。ケネベク川の就航船終着地オロノにはメーン大学 (1865創立) がある。面積 8万5788km2。人口 132万8361(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android