コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョークラッシャー ジョークラッシャーjaw crusher

1件 の用語解説(ジョークラッシャーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジョー‐クラッシャー(jaw crusher)

砕石機の一。あごのように1枚を固定し、1枚を可動にした破砕板の間で、鉱石・岩石などを粗砕きする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジョークラッシャーの言及

【粉砕機】より

…以下おもな粉砕機について簡単に説明する。
[圧縮力による粉砕機]
 (1)ジョークラッシャーjaw crusher 岩石や鉱石の粗砕(一次破砕)に使われる装置で,固定した刃板とこれに対して小さな振幅で前後に往復動する刃板があり,両者の間に原料粒子をかみ込んで破砕する。駆動軸には大きなフライホイールが取り付けられており,運動エネルギーを蓄え,放出する役割を果たしている。…

※「ジョークラッシャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone