ジョージ・ダグラス コール(英語表記)George Douglas Cole

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・ダグラス コール
George Douglas Cole


1889.9.25 - 1959.1.14
英国の経済学者,社会主義運動指導者。
元・オックスフォード大学教授,元・フェビアン協会総裁。
イーリング生まれ。
1908年独立労働党とフェビアン教会に参加、ギルド社会主義の知的指導者となる。’18年マーガレット・ポストゲートと結婚し、探偵小説を書く。労働者教育運動と労働組合の提携強化に貢献。コールグループを育成。’44年よりオックスフォード大学政治社会学教授。’52年よりフェビアン協会総裁となる。主な著作は「労働世界」「イギリス労働運動小史」「社会主義思想史」。イギリス型社会主義計画経済理論を提示。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android