ジョージー キープス(英語表記)Kepes Gyorgy

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージー キープス
Kepes Gyorgy


1906.10.4 -
ハンガリーの画家,デザイナー,美術教育家。
マサチューセッツ工科大学教授。
シェイブ生まれ。
別名ケペシュ・ジェルジ(ハンガリー名)。
ブタペストで学び、ベルリン、ロンドンで映画美術、デスプレイの仕事に携わった後、1937年渡米する。’37〜43年モホリ・ナギ主宰のシカゴのデザイン研究所の光と色彩部長を経て、’46年以降MITの視覚デザイン科教授を務める。絵画、写真、ディスプレイなどの実験的仕事が多く、視覚芸術全般にわたる造形言語の体系化に専念した。また、「視覚言語」(’44年)、「新しい風景」(’56年)などの編著者でもある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android