コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジロカステル Gjirokastër

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジロカステル
じろかすてる
Gjirokastr

南東ヨーロッパ、アルバニア南部の町。人口2万2900(2003推計)。ドリノ川西岸の急斜面に家々がへばりついているような特異な景観で知られ、町全体が「博物館」といわれる。バルカン半島南部への陸路の要衝にあり、斜面の頂上には1811年に築かれた城塞(じょうさい)がある。トルコ支配時代にはイスラム教のベクタシュ教団の一中心地でもあった。共産主義時代の指導者エンベル・ホッジャ(元アルバニア労働党第一書記)や現代アルバニア文学界屈指の作家カダレIsmail Kadare(1936― )の生地としても有名である。[大羽奎介・齋藤 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジロカステルの関連キーワードE. ホッジャギロカステル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android