ジーメンス(読み)じーめんす(英語表記)Friedrich Siemens

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーメンス(Friedrich Siemens)
じーめんす
Friedrich Siemens
(1826―1904)

ドイツの窯業技術者。ジーメンス兄弟の9番目。1848年イギリスに渡り、イギリスに帰化した兄ウィリアム・シーメンズの会社で働き、1861年ガラス工業用の蓄熱式反射炉を発明し、1864年ドイツに戻って、ドレスデンおよびボヘミアに大ガラス工場を建設し、ガラスの製造法とその装置の進歩に貢献した。蓄熱式ガスランプ(1879)、蓄熱式ガス加熱による連続式ガスランプ(1868)、押型硬質ガラス(1877)、網入りガラス(1886)などの発明も行った。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジーメンスの関連情報