コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬質ガラス コウシツガラス

4件 の用語解説(硬質ガラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうしつ‐ガラス〔カウシツ‐〕【硬質ガラス】

材質が硬く、軟化温度の高いガラスカリガラス・硼珪酸(ほうけいさん)ガラスなど。理化学用ガラス器具・耐熱ガラス食器などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硬質ガラス【こうしつガラス】

軟質ガラスに対する語。軟化点が高く,熱膨張率の小さいガラスをいい,加工は比較的困難。ホウケイ酸ガラスが代表的で,理化学用ガラス,特殊電子管ガラス,高圧水銀灯などに用いられる。
→関連項目ガラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こうしつガラス【硬質ガラス】

常温で硬度が大きく、軟化温度の高いガラス。アルカリ分を低くし、ホウ酸を加えたホウケイ酸ガラスなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬質ガラス
こうしつがらす
hard glass

耐熱性で温度の急変に強く、耐薬品性の優れたホウケイ酸ガラスのことをいい、硬度とは関係ない。ソーダ石灰ガラス(ソーダライムガラス)の別名である軟質ガラスに対してこうよばれる。組成的には酸化ホウ素を含むことが特徴で、耐熱ガラスの一部に分類される。理化学用、調理用、照明用、魔法瓶、注射器、温度計など、広い用途をもっている。[境野照雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬質ガラスの関連キーワード耐熱ガラスポリアクリロニトリル焦点ガラス軟質軟質ガラスエコガラス軟化点ガラスモールド理化学用ガラス荷重軟化点

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硬質ガラスの関連情報