コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイッチング・ダイオード switching diode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイッチング・ダイオード
switching diode

ダイオードでスイッチング (回路の開閉) 用に作製されたもの。電気的に開閉するため機械的な接点がない。そのため動作速度が非常に速い ( 10-9 秒で開閉するものもある) ,寿命が長いなどの特長をもつ。欠点として,特性の温度依存性が大,完全に断とならないなどがある。点接触型ダイオード,拡散接合型ダイオード,ショットキー型ダイオード,サイリスタなどが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スイッチング・ダイオードの関連キーワードシリコンダイオード

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android