コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェッテナム Frank Athelstane Swettenham

1件 の用語解説(スウェッテナムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スウェッテナム【Frank Athelstane Swettenham】

1850‐1946
イギリス領マラヤの植民地行政官,マレー研究者。1870年海峡植民地行政官の資格を獲得し,翌年赴任した。72年マレー語検定試験に合格,マレー語に熟達していたことで知られた。73年ペナンおよびウェルズリー州の徴税官,74年ペナン控訴院判事兼行政官となった。同年イギリスマラヤ支配の出発点となったパンコール協約の成立に努力し,セランゴール州理事官補になった。イギリスのマラヤ支配はイギリス人だけでなくマラヤ住民の福祉のためにも貢献するものだ,という確信を抱き,その手段として理事官制度を通じた間接支配方式をとり,マレー社会の現状を固定しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスウェッテナムの言及

【マレー連合州】より

…これらの4州はいずれも独立した王国であったが,イギリスは1874年以降これらの諸国に理事官を配置し,次いでスルタンおよび旧支配層を新しい行政制度に組み入れるために参事会議を各国に設置した。こののちイギリスの植民地官吏スウェッテナムの提案により,植民地行政経費の節減と行政能率の向上のために,95年連合協定がイギリスと4人のスルタンとの間で結ばれた。この連合協定により,各国はマレー連合州高等弁務官(海峡植民地知事が務めた)の任命する統監の助言によってスルタンが統治することとなり,完全なイギリス領となった。…

※「スウェッテナム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スウェッテナムの関連キーワードイギリス連邦マラッカイギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争ヒマラヤ杉ヒマラヤンマラヤ連邦イギリス巻マラヤイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone