スキャン(読み)すきゃん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スキャン

機能スキャナーを使用して原稿を光学的に読み込み、デジタルデータ化すること。スキャナー描画のしくみ電子線がCRTディスプレイの蛍光面に当たりながら動くこと。電子線はまず画面の左上に照射されて右に平行移動し、次に一段下がって同様の動きを繰り返すことによって、画面上に画像を表示する。CRTディスプレイインターレーススキャンプログレッシブスキャンデータの検索ファイルの中からデータを探し出すこと。走査とも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

スキャン

直訳は「走査」。映像や画像を点や線に分解して順番に電気信号に変換すること、あるいはその逆をいいます。スキャナでパソコンに画像を取り込むことだと考えてよいでしょう。また、「細かく調べる」という味もあり、ウイルス対策ソフトがデータを調べる、といった動作を「スキャンする」といいます。
⇨スキャナ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

スキャン(scan)

[名](スル)《くわしく調べる意》走査すること。特に、印刷物などをコンピューターで扱える画像データとして光学的に読み取ること。また、レーダーソナーなどで探査すること。「超音波で腹部をスキャンする」「ウイルスをスキャンする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スキャン【scan】

細かく調べること。特に、スキャナーを使って調べること。
走査すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スキャン

〘名〙 (scan 詳しく調べるの意) 画像などの走査をすること。画像をコンピュータに取り込むこと。また、レーダーやソナーなどを使って詳しく調べること。比喩的に情報を読み取る意でも用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スキャンの関連情報