コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケーラビリティー スケーラビリティー

4件 の用語解説(スケーラビリティーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スケーラビリティー

システムやネットワークの拡張性・柔軟性のこと。システムの導入には、開発から利用者への教育まで多大なコストと時間がかかるため、導入した後は、長期にわたって使い続けられることが望ましい。しかし、企業の成長や世の中の変化によって、ユーザー数や仕事量が増減する可能性はある。こうした場合も、システムの大幅な変更やサービスの停止をすることなく、規模に応じたシステムへと柔軟に拡張できることをスケーラビリティーが高いシステムという。ユーザーは、システムの変更を意識することなく、一貫したサービスを受けられる。具体的には、負荷が増大したときには予備のサーバー分散処理させたり、データ量が増えた場合に、メモリーストレージを追加できるシステムなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

スケーラビリティー【scalability】

コンピューターシステムや通信ネットワークなどが持つ規模の変化に対する適応性の度合い。将来的に顧客数や需用が増加または減少したとき、システムの規模や能力を柔軟に変えることができる設計であるかどうかを表す。◇「スケーラビリティ」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

スケーラビリティー【scalability】

大規模化してもコストなどが規模に比例して増えないこと。コンピューターの分野では、システムが有する拡張性のことをいい、システムへの要求の変化に応じたり、それに伴って自らの性能を柔軟に変化させるようすをさす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スケーラビリティーの関連情報