コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコラエ scholae

世界大百科事典 第2版の解説

スコラエ【scholae】

後期ローマ帝国の皇帝護衛部隊。単数形はスコラschola。コンスタンティヌス大帝の治世に初めて確認される。すべて騎兵から成り,最初は蛮人だけから,ゼノン帝以後は帝国住民からも採用された。各スコラは500人から成り,4世紀には全部で5スコラ,5世紀には西部に5スコラ,東部に7スコラあった。ユスティニアヌス帝は東部の数を一時的に7から11に増した。スコラの兵士は他の部隊の兵士よりも高い給与と多くの特権を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android