スコラ・カントールム(英語表記)schola cantorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコラ・カントールム
schola cantorum

(1) ローマ教皇シルウェステル1世によって創立され,グレゴリウス1世が再編成したといわれるローマ教皇庁聖歌隊兼聖歌教育機関。今日のシスティナ礼拝堂聖歌隊の前身。ピウス 10世は教書 (1903) を発して,各教区聖堂に同様の聖歌隊をもつことを推奨した。 (2) V.ダンディ,C.ボルド,A.ギルマンが協力して 1894年パリに設立した典礼聖歌と宗教音楽のための学校。また,そこから分れた C.A.フランクらの楽風をもさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android