スコーネ戦争(読み)スコーネせんそう

世界大百科事典 第2版の解説

スコーネせんそう【スコーネ戦争】

デンマーク・ノルウェーとスウェーデン間の戦争(1675‐79)。1658年ロスキレの和約でデンマークが失ったスコーネ,ハーランド,ブレーキンゲをめぐる戦争で,オランダ,ブランデンブルクの支援を得たデンマーク・ノルウェー軍は海戦で勝利し,スコーネの大半を占領したが,スウェーデンを支援したフランスの圧力のもとで,ルンドの講和(1679)に際してデンマークの失地回復の要求はかなえられなかった。【村井 誠人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android