コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコーネ戦争 スコーネせんそう

世界大百科事典 第2版の解説

スコーネせんそう【スコーネ戦争】

デンマーク・ノルウェーとスウェーデン間の戦争(1675‐79)。1658年ロスキレの和約でデンマークが失ったスコーネ,ハーランド,ブレーキンゲをめぐる戦争で,オランダ,ブランデンブルクの支援を得たデンマーク・ノルウェー軍は海戦で勝利し,スコーネの大半を占領したが,スウェーデンを支援したフランスの圧力のもとで,ルンドの講和(1679)に際してデンマークの失地回復の要求はかなえられなかった。【村井 誠人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スコーネ戦争の関連キーワードヘルシンボリユール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android