コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタバト・マーテル・ドロローサ Stabat Mater dolorosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタバト・マーテル・ドロローサ
Stabat Mater dolorosa

悲しみ御母は立ちませり」と訳される。キリスト処刑のとき,十字架のもとに立った聖母の悲しみを描写した宗教詩。 13世紀の詩人ヤコポーネ・ダ・トーディ作詩と推定されるが,作者,作年ともに確定されていない。カトリック教会の「聖母の7つの悲しみの日 (9.15) 」のミサ中に唱えられる。また聖歌として,四旬節,聖母の悲しみの記念日,特に十字架の道行きの信心業のときに歌われる。ポリフォニー的な作品はジョスカン・デ・プレらによって作曲されて以来,パレストリーナペルゴレージハイドンシューベルトロッシーニベルディドボルザークなど多くの作曲家たちによって作られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スタバト・マーテル・ドロローサの関連キーワードセクウェンツィア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android