コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンホープ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンホープ
すたんほーぷ
Charles Stanhope, 3rd Earl Stanhope
(1753―1816)

イギリスの政治家、科学者。スタナップともよばれ、イギリスの政治家スタンホープ伯爵の3代目にあたる。1776年から政界に活躍するかたわら、科学の研究や発明に没頭した。計算機、顕微鏡、楽器の調律器などの発明、『電気の原理』の刊行(1779)など広範な業績がある。もっとも有名なのは、レバー運動とねじ運動とを組み合わせた鉄製印刷機(スタンホープ印刷機)の発明(1800)で、タイムズ社その他の新聞社、印刷業者に採用された。なお、1850年(嘉永3)オランダ船から幕府に寄贈されたスタンホープ印刷機は蕃書調所(ばんしょしらべしょ)と維新政府の文書印刷に使用され、現在は東京・市谷(いちがや)の財務省(旧大蔵省)印刷局記念館に保存されている。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android