コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計算機械 けいさんきかい calculating machine

2件 の用語解説(計算機械の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいさんきかい【計算機械 calculating machine】

数の計算を実用的に簡便に行う装置。現代のコンピューターは,数値の計算と文字列の操作を基礎にして,数値計算,事務処理,情報検索,文書処理,推論,学習などを行うようになってきている。 計算機械の歴史は,おそらく数千年の昔,地面に位取りの線を引き,小石を並べて計算を行ったことにまでさかのぼることができると推測されている。この方式はのちにアバクスやそろばんに発展し,現代にまで達している。イギリスが世界の海を支配し始めた17世紀初め,天文学三角関数に基づいた航海術における計算需要を背景に,スコットランドの貴族J.ネーピアは対数計算を創始し,続いて1617年ころ〈ネーピアの計算棒〉と呼ばれる計算器具を発明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計算機械
けいさんきかい

数の計算を行う機械。筆算でなく機械を使って計算をするという考えは古くからあった。簡単なものではそろばん、計算尺など、複雑なものでは電子式計算機械がある。科学技術の発達に伴って複雑な計算を迅速に行うことが要求され、機械式計算機はさらに電子式へと発展した。電子式は、統計、集計などの情報を速く処理することも可能なので、科学的な計算だけでなく、広く情報処理機械として普及するようになった。[中山秀太郎]

機械式計算機の発達

歯車を組み合わせて数の加算が容易にできる機械式計算機は1642年フランスの哲学者パスカルによって発明された。デジタルの機械式計算機の最初のものである。その後1671年ライプニッツが、乗算を加算の繰り返しで、除算を減算の繰り返しで行うことのできる四則計算機を製作したが、いずれも実用化に至らなかった。実用化された最初の計算機は1891年スウェーデンのオドナーW. T. Odhnerが製作した機械式計算機で、この形式のものは1924年(大正13)大本寅治郎(とらじろう)製作のタイガー計算機として日本の市場に出回った。
 一方、1885年アメリカのバローズW. S. Burroughs(1857―1898)によって加算機がつくられ実用化した。20世紀に入ってからハーマンCh. Hamannも機械式計算機の改良を行い、以後、機械式計算機は、電子式が普及するまで研究用また商業用に広く使われた。これらの計算機械にはハンドルで置数装置を回す手動式と、モーターで回す電動式とがあった。[中山秀太郎]

自動式から電子式

産業革命が終わりに近づいた19世紀の初め、科学技術の進歩は数学などに使用されている数表の利用を広めた。ところが手計算によってできたこれらの数表には誤りが多かった。この誤りを正し、より完全な数表をつくるため、イギリスのバベジは1829年デジタル式の自動計算機を製作、1833年までに16桁(けた)までの計算を正確に行えるものにした。この機械はテープに数値と手順とを記録し、それによって機械を操作するという画期的な計算機であった。記憶装置、演算装置、制御装置などを備え、今日のデジタル型の基本的部分をもつ優れたものであった。しかし、当時の機械技術では満足なものはつくれず、この機械は実用化されなかった。
 1887年、アメリカのホレリスはリレーを用いてカードを分類する自動統計機を製作した。この機械は1890年の国勢調査に使用され、統計処理の迅速化に役だった。これをもとにして、IBM(International Business Machine)社、RR(Remington Rand)社はリレー式の集計製表機、照合機、乗算機など数多くの事務用計算機を製作し、今日の事務用電子計算機発達の基礎を築いた。リレー式の計算機はその後もベル研究所、ハーバード大学などで研究が進み、24桁の乗算が6秒で行えるまでに計算速度が向上、計算過程も自動化された。
 一方、電子工学の発達により、ペンシルベニア大学では1946年、真空管を利用した自動電子計算機ENIAC(エニアック)を完成させた。第二次世界大戦後の1949年、ショックレーらがトランジスタを発明し、1958年ごろからエレクトロニクスの各分野にトランジスタ方式が採用され、日本、アメリカなどでオールトランジスタ式電子計算機が発表された。トランジスタはIC(集積回路)、LSI(大規模集積回路)へと発展し、1967年(昭和42)日本でICを使用した卓上電子計算機の生産が始まった。1969年にはLSI電卓の生産も日本で開始された。さらに1970年代にはIBM社によって超LSI技術が開発され、計算機の記憶容量の拡大、機械の小型・軽量化が実現。同時に計算機のコストも急激に下がった。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計算機械の関連キーワード演算演算装置計算機ATO計算尺計算図表常用対数実用的計数型自動計算機相続税評価額

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

計算機械の関連情報