コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市谷 いちがや

6件 の用語解説(市谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市谷
いちがや

東京都 23特別区の一つ,新宿区の東部にある地区。皇居の北西に位置する。外堀に面した台地上にあり,江戸時代の社寺が多い。旧尾張藩徳川家の上屋敷は明治以後陸軍の施設となった。防衛省があるほか,出版社,印刷会社も多数ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちがや【市谷】

《「市ヶ谷」とも書く》東京都新宿区東部の地名。市谷本村(ほんむら)町・市谷砂土原(さどはら)町・市谷八幡(はちまん)町などの町名がある。江戸時代は寺社・武家屋敷地で市ヶ谷見付(みつけ)があった。現在は防衛省陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地航空自衛隊市ヶ谷基地などが所在。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いちがや【市谷】

東京都新宿区東部の地名。市ヶ谷とも書く。旧牛込区の範囲内にあり,近世には大名・武家屋敷や寺が多く,明治以後,尾張藩上屋敷跡は,陸軍士官学校大本営陸軍部,陸軍省,参謀本部などが置かれ,第2次世界大戦後は極東国際軍事裁判所,現在は陸上自衛隊市谷駐屯地となり市谷本村町一帯を占めている。市谷谷町(のち台町)には市ヶ谷監獄(1875‐1910)が,また南西隣の市谷富久町には東京監獄(1903‐37,のちの市ヶ谷刑務所)が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕市谷(いちがや)


東京都新宿区東部の地区。
江戸時代は武家屋敷・寺社が多かった。市谷本村(ほんむら)町には陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地がある。上智大学中央大学などのキャンパスがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市谷
いちがや

東京都新宿区東部の一地区。古くこのあたりに市が立ち、市買(いちがい)が行われたこと、また坂や谷の多い山手(やまのて)台地にあって第一の谷(一谷(いちがや))があったことが地名の由来という。江戸時代には寺社地、武家地が多かった。台地東端、JR中央線市ヶ谷駅西側の市谷八幡(はちまん)は江戸八所八幡の一つ。旧尾張(おわり)徳川家上屋敷地跡は、明治になって陸軍士官学校などが置かれ、第二次世界大戦後、国際軍事裁判所、ついで陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地となった。都営地下鉄新宿線、東京メトロ有楽町線・南北線が通る。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市谷の関連情報