コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターソフ Vladimir Vasil’evich Stasov

世界大百科事典 第2版の解説

スターソフ【Vladimir Vasil’evich Stasov】

1824‐1906
ロシアの音楽・美術評論家,芸術史家。高名な建築家ワシーリー・P.スターソフの子。ペテルブルグの図書館に勤めるかたわら,多方面の研究に取り組み,業績は考古学,言語学の領域にも及ぶが,ベリンスキーの影響をうけて,とくに芸術における民族的・民衆的要素の重要性を強調したことで知られる。音楽の分野では,バラーキレフらのロシア国民楽派の理論的指導者で,ムソルグスキーボロジンのオペラの創作にあたっては,資料を提供し,助言も与えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスターソフの言及

【移動展派】より

…技法や思想的統一のない団体で,風俗風刺のペローフ,ロシアの風景に愛情を注ぐレビタンIsaak Il'ich Levitan(1860‐1900),歴史画のレーピンスリコフのような多彩な画家数十名から成るが,多くは農奴層出身者であった。批評家スターソフVladimir Vasil’evich Stasov(1824‐1906),収集家のトレチヤコフPavel Mikhailovich Tret’yakov(1832‐98)らが,移動展派の強力な支持者であった。93年レーピンほか数名の所属員がアカデミーの教授に迎えられたため,活動は自然消滅するが,なかには20世紀まで制作し,主張し続けた画家もあった。…

【移動展派】より

…技法や思想的統一のない団体で,風俗風刺のペローフ,ロシアの風景に愛情を注ぐレビタンIsaak Il'ich Levitan(1860‐1900),歴史画のレーピンスリコフのような多彩な画家数十名から成るが,多くは農奴層出身者であった。批評家スターソフVladimir Vasil’evich Stasov(1824‐1906),収集家のトレチヤコフPavel Mikhailovich Tret’yakov(1832‐98)らが,移動展派の強力な支持者であった。93年レーピンほか数名の所属員がアカデミーの教授に迎えられたため,活動は自然消滅するが,なかには20世紀まで制作し,主張し続けた画家もあった。…

【ロシア国民楽派】より

…1850年代の終りから70年代にかけて,民主的な思想の高まりを背景として活躍したロシアの作曲家の集団。ロシア語では〈新ロシア楽派〉〈バラーキレフ・グループ〉あるいは〈力強い一団(仲間)Moguchaya kuchka〉(スターソフが最初に用いた呼び名),フランス語で〈五人組Groupe des Cinq〉などとも呼ばれる。 文学ではチェルヌイシェフスキーやドブロリューボフを中心に《現代人》誌に集まったグループ,絵画では〈芸術家組合Artel’ khydozhnikov〉や〈移動展派〉のグループが生まれたが,それらと同様な立場にある。…

※「スターソフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スターソフの関連キーワード五人組[ロシア]V. スターソフマルシャーク1月14日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android