コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スダレガヤ スダレガヤ Dentitheca habereri

2件 の用語解説(スダレガヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スダレガヤ
スダレガヤ
Dentitheca habereri

刺胞動物門ヒドロ虫ヒドロ虫目ハネガヤ科。群体の表面に海綿や群体ホヤなどを付着させているヒドロ虫。多くの管が集ってつくられた太い幹から左右交互に枝を出してほぼ同一平面上に広がり,さらにおのおのの枝から小枝が左右交互に同一平面内に出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スダレガヤ
すだれがや / 簾萱
[学]Dentitheca harbereri

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハネガヤ科に属する海産動物。多数の個体が癒合して群体をつくっている。群体は黄褐色、樹状で高さ30センチメートルほどに達し、中央の幹は太く多数の小管の集合によってつくられている。幹からは左右に枝が派出し、枝からはまた左右に小枝が多数派出している。各小枝上に並ぶヒドロ莢(きょう)はその内側壁のほとんどが小枝に密着する。ヒドロ莢はコップ状で、その口縁は平滑で歯状突起はみられない。生殖体は卵形で小枝の基部から生ずる。本州中部以南より九州に至る太平洋沿岸の、浅海の岩石などに付着して発見される。本種の群体上にはしばしばセンナリスナギンチャクParazoanthus gracilisの群体が着生している。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スダレガヤの関連キーワードアカガヤハネガヤヒドロ虫類タマウミヒドラヒドロクラゲ(水母)アシナガコップガヤウミヒノキ(海檜)エダフトオベリアヒドロ虫

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone