コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スダレガヤ Dentitheca habereri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スダレガヤ
Dentitheca habereri

刺胞動物門ヒドロ虫綱ヒドロ虫目ハネガヤ科。群体の表面に海綿や群体ホヤなどを付着させているヒドロ虫。多くの管が集ってつくられた太い幹から左右交互に枝を出してほぼ同一平面上に広がり,さらにおのおのの枝から小枝が左右交互に同一平面内に出る。群体の高さ 20~30cm。ヒドロ莢はコップ状,刺莢はヒドロ莢のまわりに3個ある。深さ 10mぐらいまでの海底の岩や石に着生する。本州中部以南に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スダレガヤ
すだれがや / 簾萱
[学]Dentitheca harbereri

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハネガヤ科に属する海産動物。多数の個体が癒合して群体をつくっている。群体は黄褐色、樹状で高さ30センチメートルほどに達し、中央の幹は太く多数の小管の集合によってつくられている。幹からは左右に枝が派出し、枝からはまた左右に小枝が多数派出している。各小枝上に並ぶヒドロ莢(きょう)はその内側壁のほとんどが小枝に密着する。ヒドロ莢はコップ状で、その口縁は平滑で歯状突起はみられない。生殖体は卵形で小枝の基部から生ずる。本州中部以南より九州に至る太平洋沿岸の、浅海の岩石などに付着して発見される。本種の群体上にはしばしばセンナリスナギンチャクParazoanthus gracilisの群体が着生している。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スダレガヤの関連キーワードセンナリスナギンチャクカヤ(海産動物)スナギンチャク

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android