コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチュ ウィリアムソン Stu Williamson

20世紀西洋人名事典の解説

スチュ ウィリアムソン
Stu Williamson


1933.5.14 -
ジャズトランペット奏者。
バーモント州ブラットルボロ生まれ。
本名Stuart Lee Williamson。
1949年よりロサンジェルスに住み、ビリー・メイ、ウディ・ハーマンらのバンドで活躍し、後に独立して、’50年代にはウエスト・コースト派の主導的ミュージシャンの一人として注目された。’58年にはモンタレー・ジャズ祭に出演して話題となったが、以降はスタジオ・ミュージシャンの仕事が中心になった。代表作は、「スインギン・サウンズ/シェリー・マイン」「スチュ・ウイリアムソン・プレイズ」である。ジャズピアニストのクロード・ウイリアムソンは兄である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

スチュ ウィリアムソンの関連キーワードオーストラリア演劇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android