スチュ ウィリアムソン(英語表記)Stu Williamson

20世紀西洋人名事典の解説

スチュ ウィリアムソン
Stu Williamson


1933.5.14 -
ジャズトランペット奏者。
バーモント州ブラットルボロ生まれ。
本名Stuart Lee Williamson。
1949年よりロサンジェルスに住み、ビリー・メイ、ウディ・ハーマンらのバンドで活躍し、後に独立して、’50年代にはウエスト・コースト派の主導的ミュージシャンの一人として注目された。’58年にはモンタレー・ジャズ祭に出演して話題となったが、以降はスタジオ・ミュージシャンの仕事が中心になった。代表作は、「スインギン・サウンズ/シェリー・マイン」「スチュ・ウイリアムソン・プレイズ」である。ジャズピアニストのクロード・ウイリアムソンは兄である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android