コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチューデント・アパシー スチューデント・アパシーstudent apathy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチューデント・アパシー
student apathy

直訳すれば学生無気力症。学ぶでもなく,働くでもなく,ぼんやりと毎日を過すことで,高校高学年から大学生にみられる。ほとんどが男子学生で,これまで自分の進路に悩んだことがなく,比較的順調に生きてきた人に多い。不安やあせり,抑うつなどの神経症的な症状に苦しむことはなく,積極的に治療する者も少い。その一方,もしこの状態から脱出しようと決心すれば,自分には能力が十分あるのだ,と考え,全能幻想をもつ。 30歳代のサラリーマンまでを含め,アパシー・シンドローム (無気力症候群) と呼ばれることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スチューデント・アパシーの関連キーワード心の病気の症候群アパシー留年

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android