コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステアリルアルコール stearyl alcohol

世界大百科事典 第2版の解説

ステアリルアルコール【stearyl alcohol】

化学式CH3(CH2)17OH。マッコウ鯨油の成分である高級脂肪族飽和一価アルコール。ほかに,カモの尾腺,モンタン蠟,綿蠟中にも存在する。無臭,白色の蠟状固体で,純粋なものは薄い板状晶。融点58.0℃,沸点345℃,比重0.8392,比旋光度nD20=1.4529。水に溶けやすい。おもにマッコウ鯨油の加水分解で製造され,合成洗剤,塩化ビニル可塑剤の原料,また化粧品,医薬品に供されていたが,クジラ資源の減少により工業用原料としての意味は少なくなり,石油化学を主とする合成高級脂肪族アルコールに代替されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ステアリルアルコールの関連キーワードワセリン鯨蠟軟膏

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android