ストアド・プロシージャ(読み)ストアド プロシージャ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ストアド・プロシージャ

データベースの処理手続きをデータベースサーバー側に格納したもの。SQLで記述され、コンパイルされた状態で格納される。よく利用する処理手続きをストアド・プロシージャにしておけば、クライアントからの処理は、名前と引数を送信するだけですぐに実行できる。クライアントから複数の手順の処理要求を送信するのに比べて通信が一度で済むので、ネットワーク負荷が軽減できる。また、事前にコンパイルされているため、処理も速い。永続格納モジュールとも呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android