ストップワード(読み)すとっぷわーど(英語表記)stop word

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

ストップワード

索引語または検索語として利用する可能性がないため,あるいは利用すると検索効率が低下するため,情報検索システムがあらかじめ索引語,検索語から除外することを定めた語.すなわち,ストップワードは,索引作成においては索引語から除外され,情報検索においては検索語として採用されない.ストップワードとして指定されるのは,前置詞,接続詞,代名詞,冠詞など,もっぱら文法関係を表す機能語や,頻出しすぎて,あるいは一般的すぎて,索引語,検索語として特定性が不十分な語である.ストップワードの一覧表をストップリストという.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ストップ‐ワード(stop words)

全文検索などで、あまりに一般的であるため、単独では検索から除外される単語。日本語の「は」「の」「です」、英語のa, the, ofなどを指す。ストップワーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android