コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストパード Tom Stoppard

世界大百科事典 第2版の解説

ストパード【Tom Stoppard】

1937‐
イギリスの劇作家。チェコスロバキア生れ。《ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ》(1967)によって一躍名声を得た。この劇は,シェークスピアの《ハムレット》をもとに,原作では端役にすぎないハムレットの2人の学友を主人公に据え,原作の世界を裏返しにした不条理劇である。題名は,原作の大詰めでイギリスからの大使が語るせりふの一節からとられている。この劇以後,《本当のハウンド警部》(1968),《跳躍者たち》(1972),《茶番劇》(1974),《ほんもの》(1982)など,既存の劇や文学への言及に富む作品を続々と発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストパードの関連キーワード日中戦争中国映画バッジ日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一

ストパードの関連情報