コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラディバリウス すとらでぃばりうすStradivarius

翻訳|Stradivarius

知恵蔵miniの解説

ストラディバリウス

イタリアの弦楽器制作者アントニオ・ストラディバリ(Antonio Stradivari、1644年~1737年12月18日)が製作した、世界最高峰のバイオリンの名称。1200挺ほどが製作され、現在、約600挺が存在するとされている。製作年代やタイプ、来歴などにより価格は大きく変わり、一般に数千万から数億円で取引されている。最高価格は、2011年6月にオークションで落札された1721年製のストラディバリウス「レディ・ブラント」の1589万4000ドル(約12億7420万円)。資産家や所有団体、関係団体から演奏家へ貸与されることもあり、特に日本音楽財団は内外の演奏家に無償貸与している。例えば、歴史的バイオリニストであるヤッシャ・ハイフェッツが所有していた1714年製の「ドルフィン」は、日本音楽財団によりバイオリニスト諏訪内晶子に貸与されている。

(2012-10-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ストラディバリウス

17〜18世紀イタリア・クレモナのストラディバリ父子3人が製作した弦楽器群。バイオリン、ビオラ、チェロ計800丁ほどが現存、5千万〜10億円で取引される。アマティ、ガルネリなどと共に最高級弦楽器の代名詞。「ストラディバリウス」は本人らが楽器にサインしたラテン語風表記。

(2008-03-19 朝日新聞 朝刊 朝刊文化)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ストラディバリウス(Stradivarius)

ストラディバリが製作したバイオリンの称。名器として著名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ストラディバリウス【Stradivarius】

一七、八世紀に、ストラディバリとその一族によって作られたバイオリンの名。ラベルのラテン語署名から、この名がある。華麗な音色と美しい外観をもち、名器として珍重される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストラディバリウス
すとらでぃばりうす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のストラディバリウスの言及

【ストラディバリ】より

…今日真作とされているものには,約600のバイオリンのほかに,少数のすぐれたチェロ,ビオラが含まれている。ラベルにはストラディバリウスAntonius Stradivarius Cremonenfisの名を入れた。華麗な音色と豊かな音量,美しい外観をもつその楽器の秘密はワニスにあるともいわれるが,現在でも謎のままである。…

※「ストラディバリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストラディバリウスの関連キーワードアマンシオ オルテガ・ガオナ諏訪根自子神尾真由子貴志 康一エンペラー千住真理子メサイアアラード竹澤恭子安永徹

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストラディバリウスの関連情報