コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラディバリウス すとらでぃばりうす Stradivarius

翻訳|Stradivarius

5件 の用語解説(ストラディバリウスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ストラディバリウス

イタリアの弦楽器制作者アントニオストラディバリ(Antonio Stradivari、1644年~1737年12月18日)が製作した、世界最高峰バイオリンの名称。1200挺ほどが製作され、現在、約600挺が存在するとされている。製作年代やタイプ、来歴などにより価格は大きく変わり、一般に数千万から数億円で取引されている。最高価格は、2011年6月にオークションで落札された1721年製のストラディバリウスレディブラント」の1589万4000ドル(約12億7420万円)。資産家や所有団体、関係団体から演奏家へ貸与されることもあり、特に日本音楽財団は内外の演奏家に無償貸与している。例えば、歴史的バイオリニストであるヤッシャ・ハイフェッツが所有していた1714年製の「ドルフィン」は、日本音楽財団によりバイオリニスト諏訪内晶子に貸与されている。

(2012-10-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ストラディバリウス

17〜18世紀イタリア・クレモナのストラディバリ父子3人が製作した弦楽器群。バイオリン、ビオラチェロ計800丁ほどが現存、5千万〜10億円で取引される。アマティ、ガルネリなどと共に最高級弦楽器の代名詞。「ストラディバリウス」は本人らが楽器にサインしたラテン語風表記。

(2008-03-19 朝日新聞 朝刊 朝刊文化)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストラディバリウス(Stradivarius)

ストラディバリが製作したバイオリンの称。名器として著名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ストラディバリウス【Stradivarius】

一七、八世紀に、ストラディバリとその一族によって作られたバイオリンの名。ラベルのラテン語署名から、この名がある。華麗な音色と美しい外観をもち、名器として珍重される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストラディバリウス
すとらでぃばりうす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のストラディバリウスの言及

【ストラディバリ】より

…今日真作とされているものには,約600のバイオリンのほかに,少数のすぐれたチェロ,ビオラが含まれている。ラベルにはストラディバリウスAntonius Stradivarius Cremonenfisの名を入れた。華麗な音色と豊かな音量,美しい外観をもつその楽器の秘密はワニスにあるともいわれるが,現在でも謎のままである。…

※「ストラディバリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストラディバリウスの関連キーワードオーケストラストラディバリイタリアンクルアンサーイイタリア合奏団イタリアン・トマトオーストラリア室内管弦楽団スイス・イタリア語放送管弦楽団スイス・イタリアーナ管弦楽団アントニオ・ビバルディ(1678~1741)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストラディバリウスの関連情報