コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラールスン条約 ストラールスンじょうやく

1件 の用語解説(ストラールスン条約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ストラールスンじょうやく【ストラールスン条約】

1370年5月24日,ストラールスンStralsund(現,ドイツシュトラールズント)でデンマークハンザ37都市間に締結された条約。国家再統一とバルト海進出をめざしたバルデマー4世(在位1340‐75)の不在中に締結され,デンマークはスコーネの市場をハンザ同盟に開放し,その保障として15年間スコーネ西岸の諸城がハンザの支配下に置かれ,さらにデンマーク王位継承者選考に際してハンザの同意を求めるべきことが義務づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストラールスン条約の関連キーワード正平セールストークゼネラルストライキペンシルストライプトライアルストーンルストレジメンタルストライプクール・ストラッティンストラーダウェラー種 (Waler)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone