コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラールスン条約 ストラールスンじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

ストラールスンじょうやく【ストラールスン条約】

1370年5月24日,ストラールスンStralsund(現,ドイツ領シュトラールズント)でデンマークハンザ37都市間に締結された条約。国家再統一とバルト海進出をめざしたバルデマー4世(在位1340‐75)の不在中に締結され,デンマークはスコーネの市場をハンザ同盟に開放し,その保障として15年間スコーネ西岸の諸城がハンザの支配下に置かれ,さらにデンマーク王位継承者選考に際してハンザの同意を求めるべきことが義務づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストラールスン条約の関連キーワードアビニョン教皇庁応安順帝ティムール朝建徳グレゴリウス11世兪良甫高尾山トンネルをめぐる土地収用雄阿寒岳元史

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android