コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレウフェルス Stijn Streuvels

世界大百科事典 第2版の解説

ストレウフェルス【Stijn Streuvels】

1871‐1969
ベルギー(フランドル)の小説家。本名フランク・ラテウルFrank Lateur。郷土文学の第一人者。詩人G.ヘゼレの甥。はじめ製パン業を営んだが,1905年以後文学に専念した。早くからトルストイやノルウェーのビョルンソンの作品を愛読して深くその影響を受けた。フランドルの自然と農民の生活を方言色の濃いリズミカルな文体で描いた《春の生活》(1899),《太陽の季節》《夏の土地》(ともに1900)などの短編集で一躍有名になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストレウフェルスの関連キーワードヘゼレ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android