コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレウフェルス Stijn Streuvels

1件 の用語解説(ストレウフェルスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ストレウフェルス【Stijn Streuvels】

1871‐1969
ベルギー(フランドル)の小説家。本名フランク・ラテウルFrank Lateur。郷土文学第一人者。詩人G.ヘゼレの甥。はじめ製パン業を営んだが,1905年以後文学に専念した。早くからトルストイノルウェービョルンソンの作品を愛読して深くその影響を受けた。フランドルの自然と農民の生活を方言色の濃いリズミカルな文体で描いた《春の生活》(1899),《太陽の季節》《夏の土地》(ともに1900)などの短編集で一躍有名になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ストレウフェルスの関連キーワード廃藩置県東京ヴェルディ文化勲章新教育高田藩北海道開拓名古屋(市)同和事業由紀さおりビリーバンバン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone