コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷土文学 きょうどぶんがくHeimatdichtung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郷土文学
きょうどぶんがく
Heimatdichtung

一般的には,郷土の生活,民俗,風景などをふまえて,独自の地方的色彩を濃厚に打出す文学のことで,いずれの国でも各地方によって多種多様な郷土文学がつくりだされている。しかし郷土文学が一つの文学運動として成果をあげたのは,19世紀末ドイツの「郷土芸術」運動である。これは郷土文学を国民文学の地方的な傍流とする立場を排して,この土に即した文学こそ国民文学の中枢的,恒常的要素であることを主張したものである。 G.フレンセンの『イェルン・ウール』 (1901) はこの運動が生んだ最高傑作とされる。郷土文学はのち「血と土」の文学理論との関連によりナチスから称揚された。 (→ナチス文学 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうどぶんがく【郷土文学】

作者がその郷土に取材した地方色豊かな文学。地方文学。
一地方の住民、あるいは民族の間で生まれた、民謡や伝説などの称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

郷土文学の関連キーワードカール・ハインリヒ ワッゲルオスカー・マリア グラーフペーター ローゼッガーヘルマン ズーダーマン青森県弘前市下白銀町ストレウフェルスオーストリア文学M. フライサーノルウェー文学シェーンヘルズーダーマン新ロマン主義ローゼッガーリーンハルトアレクシスシュトルム白馬の騎者ワッゲルルフライサー台湾映画

郷土文学の関連情報