コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロンチウム同位体比 ストロンチウムどういたいひstrontium isotopic ratio

1件 の用語解説(ストロンチウム同位体比の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ストロンチウムどういたいひ【ストロンチウム同位体比 strontium isotopic ratio】

天然に存在するストロンチウムの二つの同位体,87Srと86Srの原子数の比。86Srは元素合成時に作られるだけだが,87Srは87Rb(ルビジウム87)の崩壊により作られるので,試料中の87Sr/86Srの値は87Rb/86Srの値にほぼ比例して年とともに増加する(ルビジウム・ストロンチウム法)。隕石の研究から太陽系形成時の値は0.699とされており,地球もこの値をもって誕生した。地球において地殻がマントルから分化する時,SrもRbも地殻に移るが,Rbの方が移りやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone