スナイプ級(読み)スナイプキュウ

デジタル大辞泉の解説

スナイプ‐きゅう〔‐キフ〕【スナイプ級】

snipe class》日本ヨット協会が公式戦で採用しているヨットで、全長4.72メートルの二人乗り。艇の横流れを防ぎ、水中抵抗を大きくして風上へ走ることができるよう艇の底の中心線に垂下板(センターボード)が取り付けられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スナイプきゅう【スナイプ級】

ヨット競技の艇の大きさの一。全長4.72メートル、二人乗りの艇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android