スノーケル潜水艦(読み)スノーケルせんすいかん

百科事典マイペディアの解説

スノーケル潜水艦【スノーケルせんすいかん】

潜航時,潜望鏡深度において,昇降式の給排気筒を水面上に出して,ディーゼル機関を運転し艦内の給排気も行う潜水艦。第2次大戦中ドイツで実用化,以後各国に普及。レーダーによる被探知距離が大幅に縮小する。スノーケルによる航走は主として夜間で,蓄電池の充電も行う。原語のドイツ語シュノーケルSchnorchelはschnarchen(いびきをかく)が語源といわれる。潜水艦給排気装置から転じて,遊泳用などの水中呼吸具などもスノーケルと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android