いびき(英語表記)snore

翻訳|snore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

いびき
snore

睡眠中,呼吸に伴って軟口蓋や咽頭側壁粘膜が振動するため,鼻や口から出る雑音をいう。鼻,副鼻腔,咽頭,舌などの疾患によることもあるが,異常が特に認められないことも多い。疲労したときとか,飲酒後は起りやすい。また,脳卒中による昏睡の際にも生じるので注意を要する。原因疾患を治療するほか,臥床の体位の工夫で軽減することもある。ときには軟口蓋,口蓋垂などの形成手術も行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

いびき

睡眠中や意識がなくなったときに呼吸に伴って軟口蓋の振動によって生じる異常呼吸音。軟口蓋の筋肉の緊張がゆるむことによって生じる。アルコール過飲,脳出血後のいびきは軟口蓋の麻痺(まひ)による。肥満やアデノイド,鼻ポリープなどの鼻疾患などによるものは,手術によってなおる。また,糖尿病や軽い脳血管障害などによって気道筋肉の働きが鈍くなって発生することもあり,この場合は原疾患の治療が必要である。いびきをかいたのち,数秒間呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群は,心臓や肺に負担がかかり,突然死の誘因とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いびき
いびき / 鼾

睡眠中の呼吸によっておこる荒く、さわがしい雑音をいう。もっとも多いのは軟口蓋(こうがい)の振動であるが、咽頭(いんとう)や鼻などの壁や分泌物などに由来するものもある。覚醒(かくせい)時の安静呼吸は鼻を通して行われるが、睡眠中はこれに口呼吸がすこし加わる。一方、睡眠中には筋の緊張が緩み、軟口蓋が下垂し、舌も奥のほうに落ち込み、気道が狭くなるため、呼吸気が通るときに壁面が振動して音を出すようになる。吸気のときよりも呼気のときに音が大きくなることが多い。睡眠が深くなると、その傾向がさらに大きくなる。高齢者では筋の緊張が弱く、いびきをかきやすい。また、睡眠中にときどき呼吸が短時間停止する睡眠時無呼吸症候群でも、いびきが大きいことが多い。いびきの中断(無呼吸)などの諸症状により睡眠時無呼吸症候群と診断されるが、通常のいびきと間違われることもあるので注意が必要である。ほかにも鼻呼吸を妨げる疾患、たとえばアデノイドや鼻炎があるといびきをかきやすい。したがって治療は、これらの疾患があればその治療を行うのが先決である。睡眠中の姿勢によっても、いびきをかきやすくなることがあるので、枕(まくら)の高さや姿勢を直すだけでも止めることができる。いびきがひどいときには軟口蓋の形成手術を必要とすることもある。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

いびきの関連情報