コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スハノフ Nikolai Nikolaevich Sukhanov

1件 の用語解説(スハノフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スハノフ【Nikolai Nikolaevich Sukhanov】

1882‐1940
ロシアの評論家。本名ギンメルN.N.Gimmer。早くに鉄道官吏の父を失い,苦学してモスクワ大学に学ぶ。在学中からエス・エル党に入り,後にマルクス主義ナロードニキ主義の統一をめざす。1917年二月革命では臨時政府の成立に貢献した。ベルリンで出版された著作《革命の手記》(1922‐23)はこの時の回想として著名。十月革命後もソビエトの学術機関に勤務したが,31年メンシェビキ全国事務局事件で逮捕され獄死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スハノフの関連キーワード新体制運動早稲田大学新聞小説ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画梅屋勘兵衛(3代)金弘集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スハノフの関連情報