臨時政府(読み)リンジセイフ

精選版 日本国語大辞典の解説

りんじ‐せいふ【臨時政府】

〘名〙 戦争・革命などによって既存の政府が廃止され、正式政府が樹立されるまでの間、臨時的に組織される政府。
※朝日新聞‐昭和二〇年(1945)九月五日「韓国臨(リン)時政府は今回重慶に樹立されたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の臨時政府の言及

【ロシア革命】より

…労働者と兵士がソビエトに忠誠を示し,官吏と将校が国会臨時委員会に忠誠を誓うというあり方が,いわゆる〈二重権力〉状態である。この基礎の上に,ソビエトの承認のもと,3月2日国会臨時委員会は,首相リボフGeorgii E.L’vov(1861‐1925),外相ミリュコーフ,商工相コノバーロフなどの臨時政府を発足させた。この白軍首脳はロジャンコの要請を受け入れ,皇帝に皇太子への譲位を求めた。…

※「臨時政府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報