コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スハマソウ(州浜草) スハマソウAnemone hepatica var. japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スハマソウ(州浜草)
スハマソウ
Anemone hepatica var. japonica

キンポウゲ科の多年草。日本特産で本州を中心に四国東部および九州北部にまで分布し,山地の樹林下に生える。根茎は斜上し多数のひげ根を出す。葉は根生で多数叢生して長い柄があり,葉身はやや三角形状で3つに裂ける。各裂片は鈍頭で葉全体の基部は心臓形をしている。葉面は暗緑色白斑が出ることがある。春早く,10cmほどの花茎の上部に,茎葉 (総包) に接するように白色から紅紫色の径 2cmほどの花を1個つける。萼片は花弁状で6~9枚あり,花弁はなく,おしべ多数,めしべも数本ある。別名を「雪割草」といい,これは春の淡雪のなかで開花することによる。葉の裂片が鋭尖頭のものをミスミソウといい本種の1品種とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スハマソウ(州浜草)の関連キーワードユキワリソウ(雪割草)キンポウゲ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android