ひげ根(読み)ひげね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ひげ根
ひげね

多くのシダ植物や単子葉植物では、胚(はい)の幼根が成長した第一次根はほとんど発達せず、地上茎や地下茎から不定根が群生してひげ根系を形成する。このような根系をつくる根をひげ根という。裸子植物や双子葉植物では、普通、第一次根が主根として地中深く伸長し、そこからの側根とともに主根系を形成し、二次肥大することも多いが、ひげ根系では二次肥大せず、比較的細くて均一な太さの根が形成される。[西野栄正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ひげ根の関連情報