コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバコプマント Swakopmund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スバコプマント
Swakopmund

ナミビア西部,大西洋にのぞむ港町。保養地。スバコプ川河口に位置。ドイツ統治時代 (1884~1920) の主要港。現在は土砂が堆積して港としての機能を失い,南方約 35kmのウォルビスベイ港にその地位を譲った。寒流により快適な気候に恵まれ,夏季には政府機関がウィントフークから移転し,首都となる。ウォルビスベイから内陸への鉄道,道路が通る。人口1万 5500 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android