スバールバル[諸島](読み)スバールバル

百科事典マイペディアの解説

スバールバル[諸島]【スバールバル】

北極海の東経10°〜35°,北緯74°〜81°にあるノルウェーの属領。スピッツベルゲンSpitsbergen諸島(西スピッツベルゲン島,北東島,バレンツ島,エッジ島)とベア島などからなり,大部分は標高300〜600mの台地で,90%は氷河におおわれている。漁業のほか,石炭採掘が行われる。12世紀にバイキングが発見し,1596年にウィレム・バレンツが来島。その後ノルウェー,ロシア,スウェーデン3国の共同統治下にあったが,1920年ノルウェー領となる。6万1022km2。2394人(2011)。
→関連項目ノルウェーバレンツ海フランツ・ヨシフ[諸島]北極地方

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スバールバル[諸島]【Svalbard】

北極海に位置するノルウェー領の島群。北緯74゜~81゜,東経10゜~35゜にあり,四つの大島と多数の小島を含む。総面積6万2000km2,人口3100(1996)。全体の60%を氷河が覆い,冬は流氷が包む。白夜は127日間。1925年にノルウェー領になった。最大の島スピッツベルゲンSpitsbergen島の中・南部には炭鉱があり,ノルウェーとロシアがそれぞれ採掘している。1975年にロングヤービエンに空港ができ定期便が飛び,夏は観光船が訪れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android