コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパー会議 スパーかいぎ Conference of Spa

2件 の用語解説(スパー会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スパー会議
スパーかいぎ
Conference of Spa

第1次世界大戦後,ドイツの軍備制限,賠償問題などを協議するため,1920年7月5~16日にベルギースパー開かれた連合国の国際会議。この会議でドイツは,陸軍兵力を 10万人に縮小することなどを定めたベルサイユ条約による軍備制限を 21年1月までに実施することが決められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スパー会議
すぱーかいぎ

1920年7月、ベルギーのスパーで開かれた第一次世界大戦の敗戦国ドイツの賠償に関する会議。連合国の占領経費を控除した全賠償額を、フランス52%、イギリス22%、イタリア10%、ベルギー8%、その他と決定したが、この比率はその後の賠償問題論議の基礎となった。[栗原 優]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スパー会議の関連キーワードゼークトウィントフーク連合軍ロンメル世界大戦BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)リデル・ハート《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone