スビアコ(英語表記)Subiaco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スビアコ
Subiaco

古代名スブラクエウム Sublaqueum。イタリア中西部,ラツィオ州ローマ県の町。ローマ東方約 50km,標高 410mにある。西方教会の修道制度の創始者ヌルシアのベネディクト (480頃~547頃) が3年間こもった洞窟と院長をつとめた修道院があり,11世紀に教皇グレゴリウス7世の庇護のもとに大きな権勢と富を誇った。 1446年にはイタリア最初の印刷が行われた。周辺は農業地帯で,大理石が採掘される。中世の町並みが残り,教皇ピウス6世 (17世紀) 時代の多数の建物や,聖堂,礼拝堂などがある。人口 8981 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スビアコ
すびあこ
Subiaco

イタリア中部、ラツィオ州ローマ県の町。人口8931(2001国勢調査速報値)。アニエネ川の上流、シンブルイーニ山地の南西斜面、標高408メートルに位置する。6世紀に聖ベネディクトゥスの手で修道院が建てられ、とりわけ11~12世紀に繁栄した。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android