スフォルツァ[家](読み)スフォルツァ

百科事典マイペディアの解説

スフォルツァ[家]【スフォルツァ】

15―16世紀に北イタリアのミラノ公国を支配した家系。始祖のムーツィオ・アッテンドロMuzio Attendolo〔1369-1424〕はナポリ公国の傭兵(ようへい)隊長として武勲をたて,〈スフォルツァ(威服者)〉の称号を得た。その子フランチェスコFrancesco〔1401-1466〕はミラノ公に仕え,公の娘と結婚,1447年以降公国の支配者となり,文化人を援助し文芸を愛好した。1494年5代目のルドビコLudovico〔1452-1508〕(通称イル・モーロil Moro)の時,正式にミラノ公となった。後フランスの侵入にあって,公国の支配権を失った。
→関連項目ビスコンティ[家]ミラノ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android