コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプリングフィールド銃 スプリングフィールドじゅう Springfield rifle

翻訳|Springfield rifle

2件 の用語解説(スプリングフィールド銃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スプリングフィールド銃
スプリングフィールドじゅう
Springfield rifle

1903年にアメリカ陸軍が制式化した歩兵銃。以後 35年間,制式銃として使われた。モーゼル銃を改良したもので,マサチューセッツ州スプリングフィールドにある造兵廠で主としてつくられた。 M1903型で,口径 7.62mm,全長 110cm,重量 4.05kg。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スプリングフィールド銃
すぷりんぐふぃーるどじゅう
Springfield rifle

アメリカ、マサチューセッツ州のスプリングフィールド兵器廠(しょう)で製造された小銃の総称。最初の製造銃は、アメリカ陸軍最初の制式小銃1795年式フリントロック(火打ち石式)マスケットで、以来、製造所名が銃の機関部に打刻され今日に至っている。続いて1808年、12年、35年の各型フリントロックマスケットが製造され、41年式からパーカッション(雷管式)マスケットの製造が始められた。55年、61年、63年式があるが、同兵器廠の名を一躍有名にしたのは、73年アメリカ歩兵および騎兵隊の制式小銃となった1873USライフルで、スプリングフィールド銃の代表銃となった。第一次世界大戦中に大量生産された1903年式により、ふたたび同銃の名が世界に広まった。第二次大戦中アメリカの陸軍の制式小銃となったUS・M1ライフルや、後の制式M14ライフルもスプリングフィールド兵器廠で製造されたものであった。[小橋良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スプリングフィールド銃の関連キーワードアングロアメリカジープアメリカ杉アメリカン亜米利加アメリカ連合国アメリカ アメリカアメリカンドッグの日ギャラント・メンコンバット!

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone