コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペンサー連 スペンサーれんSpenserian stanza

翻訳|Spenserian stanza

1件 の用語解説(スペンサー連の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペンサー連
スペンサーれん
Spenserian stanza

イギリスの詩人 E.スペンサーが『神仙女王』で初めて用いた詩形の名称。9行で1連,押韻形式は ababbcbcc,最後の1行だけが弱強六歩格で他の行は弱強五歩格。この長い最後の行で1連の意味を締めくくって次の連に進む形式は,長詩に適するものとしてキーツバイロンにも愛用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスペンサー連の言及

【神仙女王】より

…しかし,〈聖性〉〈節制〉〈貞節〉〈友情〉〈正義〉〈礼節〉を寓意的に表す騎士たちが第6巻まで活躍しただけで終わった。〈スペンサー連〉と呼ばれる9行1連型式を重ねて,流れるような音楽美にともなわれる詩行は,ルネサンス人好みのページェントの絵画美を見せるが,全編を新興国イギリスの政治意識,キリスト教新教徒の倫理観念が支配している。【川崎 寿彦】。…

※「スペンサー連」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone