コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペンタ・マインユ Spenta Mainyu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペンタ・マインユ
Spenta Mainyu

ゾロアスター教の聖典『アベスタ』に登場する神的存在の一つ。名は「善霊」を意味する。最高神アフラ・マズダの陪神のなかでも,マズダ自身と最も近く,しばしばこれと同一視される。原初に双子の兄弟である「悪霊」アングラ・マインユとともに生じ,すべての被造物に先立って最初の選択をなし,スペンタ・マインユは善を,アングラ・マインユは悪を選び取った。その結果,前者はアフラ・マズダに陪従する首位の大天使となり,後者はこれと敵対する大悪魔となったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android