コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陪従 バイジュウ

デジタル大辞泉の解説

ばい‐じゅう【陪従】

[名](スル)べいじゅう(陪従)

べい‐じゅう【陪従】

[名](スル)
天皇・貴人に付き従って行くこと。また、その人。供人。供奉(ぐぶ)。ばいじゅう。
賀茂石清水(いわしみず)春日の祭りなどに、神前で行われる東遊(あずまあそび)の舞で、舞人に従って管弦や歌を演奏する地下(じげ)楽人。ばいじゅう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばいじゅう【陪従】

( 名 ) スル
天皇・貴人などの供として従うこと。また、その人。べいじゅう。
賀茂・石清水・春日の祭りのときなどに、舞人とともに参向し管弦や歌の演奏を行う地下じげの楽人。べいじゅう。

べいじゅう【陪従】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陪従の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃梅・倍・唄・培・売・媒・梅・煤・貝・買・賠・賣・陪・黴スペンタ・マインユアメシャ・スペンタ神楽(歌舞)曲直瀬玄鑑福原 信蔵挿頭の花藤原門宗大江久兼挿頭華品・科才の男石清水陪随供奉東遊天皇貴人挿頭