コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペースキー すぺーすきー

2件 の用語解説(スペースキーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スペースキー

キーボード下段の中央にある横に長いキーのこと。スペースバーとも呼ぶ。スペース(空白)を入力するときに使われる。また、日本語入力システムでは、かなを漢字に変換する際にも使用するキーとして割り当てられていることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

スペースキー【space key】

コンピューターのキーボード下部にある特殊キーのひとつ。通常キートップには何も書かれておらず、他のキーに比べて少し大きめ、または横長。空白(スペース)の入力や日本語入力システムかな漢字変換で変換候補を選択する際などに用いられる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペースキーの関連キーワードAltキーエルゴノミックキーボードキートップキーボードシフトキードーターボードワイヤレスキーボードデスクトップコンピューターボードコンピューター

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スペースキーの関連情報