コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマイルシャッター すまいるしやつたあ,すまいるしゃったー

1件 の用語解説(スマイルシャッターの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

スマイルシャッター

 顔検出機能「顔キメ」を進化させた機能。平成19年9月4日発表のサイバーショットDSC-T200とT70に搭載された。カメラが笑顔に反応し、自動的シャッターを切る。撮りたい人に向けているだけで、笑い顔や自然な微笑みなど、笑顔の写真を撮影してくれる。操作としては、シーンセレクションで「スマイルシャッター」モードを選択。モニター上で主役にタッチしたら、シャッターを押しこむだけ。カメラが主役の笑顔を検出し、最大6枚まで自動的に撮影する。  笑い顔の度合い、スマイルレベルを3段階まで設定できるのがユニーク。「強」「中」「弱」とあり、強に設定しておけば、ふとした瞬間の微笑みまで検知。セルフタイマーの代わりに活用しても楽しい。 スマイルショット →

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

スマイルシャッターの関連キーワードブランドの機能機能的リスク進化論機能的出機高機能自動段階露出機能機能亢進金属検出機アイトラッキングシステム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スマイルシャッターの関連情報